アフィリエイトで大切なあれを忘れていると9割失敗する

アフィリエイトで大切なあれを忘れていると9割失敗する

アフィリエイト頑張ってますか?

・・・ふむふむ、「頑張ってるけど結果がでません」だって

頑張ってるのに結果が出ないなんて、世の中間違ってますよね?

だからこそ、あえて言いたい!

きっとあなたはとても大事なものを忘れてませんか?

その答えを今回は僕自身の失敗をもとにご紹介します。

まあまあ、損はさせないので見てってくだせぇ

あなたはネットで商品を購入したことありますか?

突然なにを言ってるのかと思ってるでしょうが、大事なことです。

ネットで商品を購入した経験がある人なら必ずと言っていいほど、商品ページか商品レビューを見てから決めますよね?

じゃあ、なぜそれを見て購入しようと思いましたか?

勘のいい方なら気付いたと思いますが、もうすこし掘り下げてみましょう。

あなたは、あなたを動かすだけの理由(購入)がそこにはありませんでした?

アフィリエイトで失敗する9割方はこのときの「目線」を忘れてしまってます。

もう目の前に絶対に売れたアフィリエイトの成功例が存在してるのですから、それを徹底的に調べていけばいいんですよ。

どこぞの怪しいノウハウやアフィリエイトの教科書的な教材なんかよりためになる参考例じゃありませんか。

もし、ネットで買い物したことがない人ならおもわず買いたくなるサイトや商品ページを見つけてから作業したほうが効率的です。

参考サイトはこう使おう!

では、具体的にどうしたらいいのかを説明します。

なぜそのサイトで購入を決めたの?

その商品を購入するまでに様々なサイトを見て回ったと思いますが、どうしてそのサイトだけはきっちり読み進めたと思いますか?

それなりに文章力があったサイトだと思いますが、それよりも自分が知りたかった情報や変わりたかった未来が書かれていたと思います。

それはまさに、あなたの為のサイトだったと言ってもいいんじゃないでしょうか。

そんな購入者であったあなたのリアルな気持ちや視点を、そのままあなたのサイトに当てはめて作っていきましょう。

そうするだけで「売れない理由」はなくなります。

だって、その本人が実際に購入まで行動した事実があるし、なにより記事にも自信が付きます。

購入しようと決めたきっかけは?

「よし、ここから買ってみよう」

と購入するきっかけは何でしたか?

必ずあなたの何かに引っかかるものがあったはずです

その内容を思い出しながら、あなたのサイトにその「きっかけ」を同じように書いてあげればいいんです。

その「きっかけ」を作れるのはあなたしか分かりません。

けど、あなたと同じ悩みをもってる人はたくさんいるはずです。

そんな人たちに「このサイトがあって良かった」と思ってもらえるようなサイト作りしたくないですか?

購入した時の気持ちは?

しっかりと自分で納得して商品を買うのと、あれよあれよと買わされるのでは断然、納得して買いたいはずです。

それは購入者であれば当たり前のことだと思いますが、いざアフィリエイターとして紹介する側になると、とにかくメリットばかりに力をいれてぐいぐい押し付けがちになります。

そんなところから購入しようなんて誰も思いません。

なのに、購入者だった自分の気持ちから目を背けて、やれノウハウだコピーライティングだのとテクニックに走ってしまう。

もちろんそれは大事ですし知っておいて損はありませんが、もっと初歩的なこと忘れてませんか?

購入者目線でもう1度考えてみる

・購入者だった自分のリアルな気持ちをサイトに反映させる。

・購入すると決めた「きっかけ」をサイトに反映させる。

・気持ちよく購入した自分の経験をサイトに反映させる。

以上、3つほど紹介しましたが探したらもっとあると思います。

そんな強力な武器を見つけたらとことんサイトに反映させちゃいましょう!

めちゃくちゃ感謝されて、しかもお金もいただけるなんてもう犯罪ですよ(笑)

記事を作業的に大量に作り出すよりも、以上のようなことを考えながら作業するほうが実は「効率がいい」と僕は思いますけど。

『関連記事⇒ペラサイトを量産して稼げないのなら諦めることも大事です

記事数も少なく、アクセスが少ないとしても

昔の自分が偶然、今のサイトを見つけたらどう思うのか?

そのことだけを客観的に考えてサイトを作っていけたら「売れない理由」はありません。

まとめ

あらためて昔のパッとしないサイトを見返したのですが、本当に面白くない。

もし昔の僕がそのサイトを見つけたら

「うさんくせーサイトだな、それに分かりにくいよ!」

と絶対思うんだろうなって思いました。

もし、あなたが少しでもこの記事に思うところがあるのなら改めて、自分のサイトを見直してください。

きっと、別の必要なものが見えてきます。