アフィリエイトでキーワードの探し方を実例で紹介してみる

アフィリエイトでキーワードの探し方を実例で紹介してみる

アフィリエイトで稼ぐためにキーワード探しはどうしても必要です。

そこで、キーワード探しで手詰まりになっている人のために、僕が実際にやっているキーワードの探し方を実例で紹介したいと思います。

これさえ覚えてもらえば、キーワード探しにもう頭を悩まされることはありません。

それでは行ってみまッショ!(キラン☆)

キーワードの探し方の実例

では、早速キーワードを探してみましょう。

ここでは、「便秘」に関するサイトを作ろうとします。

最初にするべきことは、グーグルやYahooで実際に検索します。

「便秘」の検索結果 約13,500,000件 (0.37 秒)

さすがビッグワードですね。このままでは厳しいので、関連キーワードをチェック。

さらに下へスクロールしてもらうと別の関連キーワードが表示されます。

今回は同じキーワードでしたが、違う関連キーワードが表示されることもあるのでよくチェックしましょう。

基本的にここで表示されたキーワードは、需要があると思ってください。

、ここまでは普通ですよね。

ここからさらに続けていきます。

関連キーワードをチェックしていると、気になるキーワードがあります。

便秘 コロコロ」が気になります。

そこで、そのまま検索してみます。

「便秘 コロコロ」 検索結果 約 341,000 件 (0.33 秒)

検索結果はだいぶ減りました。(13,500,000 件⇒341,000 件)

キーワードは1語より2語、3語と複数で組み合わせた方がライバルが少なくなります。

そして、関連キーワードをチェックするとそれなりに需要があるのが分かります。

さらに下の関連キーワードをチェックすると

あまり聞きなれない「直腸性便秘」というワードを見つけました。

検索してみると需要があるキーワードのようですね。

では、これからどうするのか?

もうお分かりですね。

出てきたキーワードをリサーチして記事を書くだけです

こんな感じで「気になるキーワード」は、簡単に見つけることができます。

キーワードの使い方を知らないだけ

よく間違いやすいのが、キーワードを見つけることに一生懸命になることです。

そうじゃなくて、見つけたキーワードをうまく使うことに一生懸命になりましょう。

キーワード探しなんて、そこまで悩まなくてもいいんです。

大事なのは、キーワードを使って記事を書くことなんですから。

・・・えっ、記事を書く「やる気」がでないとき、どうしたらいいかって?

こちらを読んでください⇒『記事を書く「やる気」がでない時でも5秒後にヤっちゃう方法

これでキーワードに対する視点が少し変わったのでは?

まとめ

けっこうキーワードで悩んでる方が多かったので記事にしてみました。

重要なのはキーワードじゃなく、そのキーワードに対する悩みが大事なので、そこは頭がハゲるくらい悩んでください。

実際にハゲたらどうすんだ!っていうのであれば

「アフィリエイターなんだから、育毛剤で実践できてラッキーでしょ!」

って言ってやりますよ。ハハハッ

(ハゲたくない、ハゲたくない、ハゲたくない、ハゲたくない・・・)