【ロリポップ】幼女でも簡単に出来る無料独自SSLの設定方法

【ロリポップ】幼女でも簡単に出来る無料独自SSLの設定方法

ロリポップをお使いの方ならご存じでしょうが、2017年7月11日から無料で独自SSLが使えるようになりました。

独自SSL設定をすると、インターネットの送受信を暗号化して個人情報を守ることができます。

ネットショッピングなど個人情報を記入するとき、第三者から見られたくありませんよね。

そのような悪事をSSL設定することで防ぐことができます。

このSSL設定は、ショッピングサイトなどでは必須でしたが、個人ブログにもSSL設定を求めるようになりました。

安全なサイトであることを証明しないとみんな怖がって見ないぞ

安全じゃないサイトはもちろん検索順位も下げちゃうぞ

このようにインターネットの王様(グーグル)が発言しています。

というわけで、ロリポップ限定ですが独自SSL化の手順を説明したいと思います。

タイトル通り誰でも簡単に出来ますが、バックアップは必ずしてください。

『簡単バックアップの方法⇒WPのバックアップを1クリックで|UpdraftPlus

独自SSL設定の手順

ロリポップはこちら⇒ロリポップ!

ロリポップの「ユーザー専用ページ」のセキュリティ⇒独自SSL証明書導入をクリック

無料独自SSLを設定するをクリック

そしたら、SSL保護されていないドメインの欄からSSL化したいドメインを選択します。

選択したら独自SSL(無料)を設定するをクリック

そうすれば、SSL保護設定中となるので1時間ほど待ちましょう。

設定が完了するとSSL保護有効と青字で書いていたら成功です。おめでとう!

次はワードプレスの設定をしていきます。

ワードプレスのSSL設定の手順

ダッシュボードの設定⇒一般をクリック

WordPress アドレス (URL) http://をhttps://に変更する

サイトアドレス (URL) http://をhttps://に変更する

入力が完了したら変更を保存をクリックする

強制ログアウトするので、ログインし直す

ここで自分のサイトをチェックしましょう!

成功していたらアドレスバーに保護された通信と書かれているはずです。

保護された通信が付かないとき

そこそこブログを書いてる方なら付かない確率が高いです。

その原因は画像のアドレスとウイジェットのアドレスが変更されていないからです。

画像はプラグインを使えば簡単に変更出来るのでやってみましょう。

画像のアドレスをすべて変更するには

まずは、「Search Regex」というプラグインをインストール⇒有効化までしてください。

有効化が済んだらツール⇒Search Regexをクリック

なにもいじらずにデフォルト(最初)のままでOKです。

2か所にアドレスを入力してください。

Search pattern(変更前のアドレス) http://~を入力

Replace pattern(変更後のアドレス https://~を入力

入力が完了したらsearchボタンをクリックする

ズラーっと変更されたアドレスが現れるので、それを確認してOKならReplace & Save≫をクリック

※1度変更されたら元に戻せないので、バックアップしてからやりましょう!

ウイジェットのアドレスを変更するには

外観⇒ウイジェット

サイドバーのエリアにテキストで内部リンクを貼っていませんか?

プロフィールやレビューページなどがありがち。

そこのアドレスが「http://」のままになっています。ここをすべて「https://」に変更しましょう。

すべてSSL化に成功したならばアドレスバーに保護された通信と表示されるはずです。

ここまでで、ほぼ成功できているはずです。お疲れ様でした。

それでもSSL化が出来ない場合

自分のサイトを開いて右クリック⇒検証

consoleをクリックすれば「https://」に変更されていない箇所が表示されるので、1つ1つチェックしていくしかありません。

アンダーラインが引かれたところをクリックするとその場所が表示されますので、直していきましょう。

まとめ

一応、最終チェックですべてのページがSSL設定(保護された通信)されているのを確認してください。

今後は「SSL設定していないサイトは圏外へ」、なんてことがありえますので早急にSSL化に踏み込んだ方がいいようです。

簡単にSSL設定ができるのでやってみましょう。

>>SSL化したらアナリティクスとサーチコンソールを再設定しましょう